Thu. Apr 22nd, 2021

日本は、2021年1月に発効する核兵器禁止条約に参加しないことを表明した。国連は、50カ国が核兵器禁止条約を承認したと発表した。米国や他の主要な核保有国は、この条約に強く反対しています。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、50か国を称賛し、「条約の仲裁と批准を促進することに貢献してきた市民社会の活動」に敬意を表した。国連当局者は土曜日にホンジュラスが協定を承認したと語った。条約は、核兵器の開発、試験、保管、使用を、それに署名した国にとって違法にするでしょう。

加藤勝信官房長官は記者会見で、「日本を取り巻く治安環境がますます厳しくなる中、脅威への抑止力を維持・強化しつつ、核軍縮に向けて着実かつ合理的に前進することが適切であると考えている」と述べた。

50回目の批准は、第二次世界大戦後の長崎と広島への原爆投下75周年に加えて、国連を正式に設立した国連憲章の批准日から75年が経過したことによるものです。国連のスポークスマン、ステファン・ドゥジャリックによれば、国連事務総長は、条約の発効は「核爆発と核実験の生存者にとって名誉であり」、「核兵器の完全廃絶に向けた有意義なコミットメントを意味する」と述べた。

2017年ノーベル平和賞を受賞した連合であり、核兵器廃絶国際キャンペーンの事務局長であり、核兵器禁止条約の先頭に立った活動を行ったベアトリスフィンは、次のように述べています。核兵器は不道徳であるだけでなく違法であるという基準」

核兵器は、協定が発効したときに国際法の下で初めて違法と見なされます。しかし、主要な核保有国は協定に反対しているため、軍縮を達成する上でのその有効性は不明確です。

By Geeta

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Translate »