Thu. Apr 22nd, 2021

日本と英国は金曜日に二国間貿易協定に調印し、欧州連合からの離脱以来、英国で最初の主要な貿易協定を締結し、日本の日産工場の自動車部品とともに日本で販売されるヨークシャーラムなどの商品の関税を引き下げました。先月発表されたこの契約は、日本への輸出のほぼすべてが無関税であり、今後5年間は日本車に対する英国の関税が撤廃されることを意味します。

東京での調印式の後、英国の国際貿易大臣リズ・トラスはそれを「画期的な英国型の取引」と呼んだ。彼女は、「自由貿易の新時代の夜明けを迎えるのに、昇る太陽の地にいるのはどれほどふさわしいことか」と付け加えた。リズ・トラスは、英国の最初の主要貿易協定として「画期的な」協定を歓迎し、再び「独立した貿易国」となった。

この取引により、英国と日本との貿易は年間195億ドル(165億ユーロ)急増すると予想されています。しかし、批評家は、それが英国のGDPをわずか0.07%だけ引き上げると述べました。これは、欧州連合で失われる可能性のある貿易のほんの一部です。新しい協定は主に既存の日EU協定を複製しますが、デジタル貿易に関する追加の章があり、ブリュッセルが長年の協議の間に東京から獲得したチーズなどの農業輸出のシェアが不足しています。茂木敏充外相は、署名後、2021年1月1日に発効するためにトラスと協力することに合意したと述べた。

日英包括的経済連携協定(CEPA)には、食品や自動車部品から繊維や技術まで、さまざまな分野が含まれています。金融サービスは英国の日本への主要な輸出であり、現在28%です。日本では、英国産のスパークリングワイン、英国製のコートと靴、豚肉、子羊肉、スティルトンチーズ、ビスケットが安くなります。

日本は現在、毎年約1.5兆円(118億ユーロ、140億ドル)相当の商品を英国に輸出しており、そのほとんどが自動車、自動車部品、その他の機器です。外務省によると、同時に、医療製品、医薬品、自動車を中心に、英国から1兆円近くの輸入品を輸入している。

By Geeta

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Translate »